禁止農薬使用で産地が大打撃! もしかしたら玄米アミノ酸も…

玄米アミノ酸農法 〜楽して儲かる農業みーつけた〜 公式サイトNEW > お客様の声 > 禁止農薬使用で産地が大打撃! もしかしたら玄米アミノ酸も…

禁止農薬使用で産地が大打撃! もしかしたら玄米アミノ酸も…

 この度は、多数のお客様をかかえご多忙中にもかかわらず、お時間を割いていただきましたことに感動いたしました。ありがとうございます。 早速ですが、「玄米アミノ酸」は最高ですね。私は3月に御社の玄米アミノ酸と出会い、使用しております。ハウス栽培のピーマンはここ鹿児島県では殆ど5月一杯で収穫を終えます。ですので、使用時期は収穫の終りの方になります。


 何もかもが衰えていく中、玄米アミノ酸は最初の使用で「すごい。」「これは違う。」と感じました。いや、確信できました。
 素人のただの思い込みかもしれませんが、1回目、2000倍希釈で潅水した直後、1時間程で実にシットリ感とツヤが出てくるのが分かりました。それから使用する度に葉全体がイキイキしてくる、特に衰えている葉ほど変化が見られました。そして樹勢が回復する、いや若返ったというべきでしょうか、段々と月日が経つにつれ落ちていった秀品率が回復していきました。
 私には比較対照できるものがあります。それは、隣の義父の圃場です。
1箱何万もする液肥や追肥をせっせと行い樹勢を維持する中、私は液肥も追肥もやらずに玄米アミノ酸一本やりで圃場を訪れた人全てに隣と比較され褒められました。何の苦労もせず、楽してです。何か悪い気がしました。
 しかし、私はなぜこうなのかという事はあえて言いませんでした。皆、自分の技術を確立され自信をもっておられるせいか、または素人に毛の生えたような自分に聞けなかったのか、た
またまととらえたのか分かりませんが、聞かれませんでした。
 また、この地域には昨年度、重大な問題が起こったからというのもあると思います。私が農業をはじめて間もなくしてから教えてもらったのですが、詳しいいきさつは分かりませんが、
組合員の数名が害虫対策としてニーム油を使用しました。それは農協で販売しているものでなく、また悪い事に原材料が中国産で中に使用禁止の農薬が入っているものでした。そこで、その農薬が検査に引っかかり全体で自主規制の出荷停止になりました。
それも一番値段がつく1月にです。産地全体で損害は何億円にもなりました。
 私も正直、最初は玄米アミノ酸を試してみるか迷いました。しかし、素人ではありますが、このやり方、状態は何かおかしい、もっと良い方法があるのではという気持ちが勝り現在
に至っています。
 また、大変失礼な物言いですが、最悪、玄米アミノ酸で何か検査に引っか
かるものが入っていたとしても今なら自分だけだ、責めを受けるのは自分だけだと覚悟はして使用しました。が、検査には何も引っかかりませんでした。(お試し使用前にメールで失
礼ながら「成分は?」「大丈夫か?」と聞いてしまいました。申し訳ありませんでした。)
 この「玄米アミノ酸」、諸所の事情があり、言いふらしはしませんが、経費の大きさに困っている方、樹が良い状態にならずに困っている方、固定観念が無い方、気のおけない方に
困っていると聞かれれば教えていこうと思います。但し、教えた方が失
敗したことも考えて自分が通年使用し、ある程度使いこなせるようになってからと考えております。
 余談ですが、私は前職で水処理の仕事をしておりました。企業の水回りの改善や排水処理が主な仕事です。ですから、神保様が言われる「酸素、水、微生物」が素直に受け入れられるんだと思います。この玄米アミノ酸、排水処理の現場でも微生物の活性剤として使えるのではないでしょうか。
 言いたい事がまとまらず、長くなりました。申し訳ありません。
鹿児島県 A.Yさんより
 心無い人によって産地が大打撃を受けるのは言いようの無い怒りを感じます。出荷停止になったら、売り先がまったく無くなるということですよね。収入も0に近くなってしまいます。もちろん収穫するまでの努力も全部0ですね。
 農業ではいまでもこのような信じられないことが時に起こります。売る人の無責任さは当然責められるべきです。しかし、使う人にも問題があるのではないでしょうか。産地全体で使うとしたら残留農薬とその種類ぐらいは自費で分析すべきですよね。
 「いろいろな方に教えてあげたい」というAさんのお気持ちはとてもうれしく感じました。でも一番大切なのは自分自身です。ピーマンの連作障害を最小限にして病虫害と収入減にトップをかけることが最優先課題だと思います。
 毎年、すばらしい作柄になれば周囲の方は自然に注目するようになります。どうしても知りたいと思う方にだけ教えてあげてはいかがでしょうか。
 いいピーマンが収穫できてよかったですね。

関連記事

  1. 土壌消毒しない!農薬も最低限で絶品の高級イチゴはできる!
  2. 年を重ねる毎に結果が出て来ています!
  3. 乳酸菌もみがらぼかしだけで、一作目から糖度13度のトマトが出来た!
  4. キュウリもトマトも無マルチで挑戦!キュウリには満足もトマトの結果に不満!理由は・・・
  5. 「本質は自分の眼前にある!」ニュースレターで考えさせられました
  6. 自分が探し続けている農法にやっと出合うことができました
  7. 梨が足りなくなるほど売れてしまいました!
  8. あきらめていた、ほうれん草や小松菜がびっくりするほど元気になった
  9. 冬場のかぶに玄米アミノ酸を使いました
  10. 津波の塩害で困っています。野菜の作付けをしたいのですが・・・