トマトのヘタに近いところが硬くなって出荷ができなくなります。

玄米アミノ酸農法 〜楽して儲かる農業みーつけた〜 公式サイトNEW > Q&A > トマトのヘタに近いところが硬くなって出荷ができなくなります。

トマトのヘタに近いところが硬くなって出荷ができなくなります。

毎年2月〜3月にかけてトマトのヘタに近いところが硬くなって出荷ができなくなってしまうのです。咢が小さいうちから硬くて、そのまま大きくなる感じですね。玄米アミノ酸の使いすぎなんていうことはあるのでしょうか。ヘタに近い部分が硬くなって食べられないのです。自家用は半分だけ切り落として食べているのですが…。原因がわからなくて…。
群馬県 M様


Mさんのご相談は初めての事です。特に病気ということではないですよね。ウィルスでもバクテリアでもカビでもないような気がします。一般的に肥料を入れすぎると硬いトマトになります。そのような事に心当りはありますか。トマトを見ていないので何とも言えませんが、できましたら現物のトマトを送ってもらえないでしょうか。またこのことについては専門の方にも相談してみます。

その後Mさんからトマトは送られてきませんでした。その代わりにお電話がありました。

【Mさんから】
 トマトは送っていないのですが実は農業新聞を見たら、ちょうど同じ悩みのことがのっていました。その中でも肥料のやりすぎが書いてありました。思い返してみると冬場でも夏場と同じ肥料の量をやっていた気がします。このことを言うのかなと思い当たりました。玄米アミノ酸のやりすぎではなかったですね。

【お電話への返事】
 原因がわかってよかったですね。相談をしてみるというのはとても大切ですよね。自分一人で悩んでいると堂々めぐりをしてしまって前進できなくなります。相談すると解決の糸口が見つかるものですね。これからも一人で悩むよりも相談して下さい。

関連記事

  1. アミノ酸関係を使用すると色が出ないと言われた・・・本当ですか?
  2. 根っこが今までにないくらい太くなった!アミノ酸粉体(粒体)と天然ミネラル鉱石のパワー再確認
  3. トマトの一段目が水っぽい!もみがらぼかしと玄米アミノ酸では何か不足しているのでしょうか?
  4. 人参栽培中です。玄米アミノ酸の散布方法を教えて下さい
  5. 売上が毎年減少!化学肥料の農業を見直したい
  6. アスパラは堆肥を10aに10tぐらい入れるのですが、もみがらぼかしはどのくらい入れていいでしょうか…
  7. 糖度アップしたのですが病害虫で困っています。
  8. 日光不足で「梨」に玄米アミノ酸の液体と硫酸マグネシウムを併用したのですが…
  9. ぼかしを投入したら茄子が一本も枯れなかった!今年はぼかしで勝負します。冷めたぼかしならすぐに投入しても大丈夫でしょうか。
  10. ネマトリンエースと玄米アミノ酸ぼかしを一緒に入れセンチュウ対策にしたい!