キャベツが腐り、ソラマメの実入りも良くなく大根も固くしかできません。 どうしてでしょうか。

玄米アミノ酸農法 〜楽して儲かる農業みーつけた〜 公式サイトNEW > Q&A > キャベツが腐り、ソラマメの実入りも良くなく大根も固くしかできません。 どうしてでしょうか。

キャベツが腐り、ソラマメの実入りも良くなく大根も固くしかできません。 どうしてでしょうか。

質問させて下さい。
(1)キャベツに腐りが入りました。
(2)大根に包丁が刺さらないほど固くなりました。茎も固いです。
(3)ソラマメのサヤが黒くなり、実入りが良くありません。
以上の原因と対策をお願いします。玄米アミノ酸のボカシ肥のみ使用です。
(4)玄米アミノ酸のボカシは、紫外線の下では菌が死滅して、使用する意味がありませんか。
福島県 Mさん


作物の栽培は土地選びで80%が決まる!
[ご質問への答えです]
 まず、作物を作るのに適した土地なのでしょうか。原因の大半は排水不良です。土地が硬くしまっています。まずは、降った雨を逃がしてやるように工夫して下さい。2番目は、有機肥料不足です。良質な醗酵肥料を入れて下さい。3番目は微生物不足です。玄米アミノ酸のボカシを追肥で入れて下さい。
 菌が死滅する云々以前の問題です。水が集まってくるようなクボ地で作っていませんか。基本がまったく違っている気がします。新しく場所を考えたほうが早道だと思います。
 家庭菜園の方が一番間違うところは土地選びです。菜園が貸し出しされていたから借りたのでは、良い野菜は作れません。稲田を耕して菜園にしたところは最初から×です。菜園の立地条件というのは考えている以上に大切なのです。排水がいい、周囲に雑草がない、川の水が流れている、朝日が当たる、風通しがいい、これは最低条件です。さらに、雨が降って水が淀むところがない、降った雨はすぐに流れていく、土に弾力があるなどの条件が必要です。
 作物が上手にできない時は借地を変えてみるのも一つの方法です。先祖の土地ではありませんから自由に選択できるのが家庭菜園の強みです。福島県のMさんには少し厳しい答えかもしれません。でも、来年も同じ失敗をするよりはいいと思います。

関連記事

  1. アミノ酸関係を使用すると色が出ないと言われた・・・本当ですか?
  2. 根っこが今までにないくらい太くなった!アミノ酸粉体(粒体)と天然ミネラル鉱石のパワー再確認
  3. トマトの一段目が水っぽい!もみがらぼかしと玄米アミノ酸では何か不足しているのでしょうか?
  4. 人参栽培中です。玄米アミノ酸の散布方法を教えて下さい
  5. 売上が毎年減少!化学肥料の農業を見直したい
  6. アスパラは堆肥を10aに10tぐらい入れるのですが、もみがらぼかしはどのくらい入れていいでしょうか…
  7. 糖度アップしたのですが病害虫で困っています。
  8. 日光不足で「梨」に玄米アミノ酸の液体と硫酸マグネシウムを併用したのですが…
  9. ぼかしを投入したら茄子が一本も枯れなかった!今年はぼかしで勝負します。冷めたぼかしならすぐに投入しても大丈夫でしょうか。
  10. ネマトリンエースと玄米アミノ酸ぼかしを一緒に入れセンチュウ対策にしたい!