農薬や化学肥料が値上がりして困っています

農薬や化学肥料が値上がりして困っています

2011年2月13日(日)
 ここは奄美の大島郡知名町上城という大山と海岸の中間に当たり、大山(222m)で私は沖永良部島で一番高地の190㎡の地点でソリダゴの専作農家です。しかしとても温度が下がり、11月~2、3月にかけては寒波の影響で寒いため、他の地区より2~3週間遅れての出荷です。花も変形し、とても秀品での出荷はできにくいところです。何とかと思いバイオ菌、EM菌、土着菌とテストをしていますが、耕土が50~60㎝と浅く、肥料代及び農薬代がバカにならない程かかり売上げも低く、楽して儲かる経営ができません。私たち夫婦は昭和50年から、グラジアラス、百合、クジャク草も作って参りましたが、いずれも赤字経営の状態で、他の地域は暖かくすばらしい作物ができていて、7~8000万の人々もいます。私達は63歳となり、年金生活です。ボケることのないよう、コツコツ今の生活を続けることになります。最近、農薬や化学肥料の高騰にもなり価格がすごく頭を痛めています。体力、気力も落ち気分はめいりますが、残された人生、一生懸命生きてみたいと想う今日この頃です。後日電話をしますが「玄米アミノ酸」を有効利用したいと考えています。
 僕の農業経営の初心に立戻りたいと思います。よろしくお願いします。
大島郡 M・Yさま


 FAXありがとうございます。
拝読しましてMさまの大変さが手にとるように伝わってきます。同じように汗を流しているのに、このようにも結果が違うと生活にも大きく響きますよね。
 玄米アミノ酸を使うことで改善できると思います。可能な限りお手伝いをしたいと思います。いつでもお電話下さい。

関連記事

  1. 土壌消毒しない!農薬も最低限で絶品の高級イチゴはできる!
  2. 年を重ねる毎に結果が出て来ています!
  3. 乳酸菌もみがらぼかしだけで、一作目から糖度13度のトマトが出来た!
  4. キュウリもトマトも無マルチで挑戦!キュウリには満足もトマトの結果に不満!理由は・・・
  5. 「本質は自分の眼前にある!」ニュースレターで考えさせられました
  6. 自分が探し続けている農法にやっと出合うことができました
  7. 梨が足りなくなるほど売れてしまいました!
  8. あきらめていた、ほうれん草や小松菜がびっくりするほど元気になった
  9. 冬場のかぶに玄米アミノ酸を使いました
  10. 津波の塩害で困っています。野菜の作付けをしたいのですが・・・