アスパラは堆肥を10aに10tぐらい入れるのですが、もみがらぼかしはどのくらい入れていいでしょうか…

玄米アミノ酸農法 〜楽して儲かる農業みーつけた〜 公式サイトNEW > Q&A > アスパラは堆肥を10aに10tぐらい入れるのですが、もみがらぼかしはどのくらい入れていいでしょうか…

アスパラは堆肥を10aに10tぐらい入れるのですが、もみがらぼかしはどのくらい入れていいでしょうか…

 いつもお世話になりありがとうございます。来年から試験的にアスパラを栽培しようと考えています (4a程度)。アスパラの栽培資料を読むと、最初に堆肥を10t/10a程入れると書いてあります。私はもみがらぼかしを使用したいのですが、なかなか10tも作れません。通常、御社の指導では300㎏/10aとなっておりますが、アスパラの場合でもその位の施肥量で良いのでしょうか。やはり10tとはいかなくても、量を増やした方が良いのでしょうか。定植は来年の5月を予定しています。もみがらぼかしは年内か来年の春どちらに投入すれば良いでしょうか。ご指導よろしくお願い致します。

福井県 I様より


もみがらぼかしは、元肥に300㎏、追肥で300㎏投入して下さい。

 FAXありがとうございます。アスパラは特殊な作物です。多年生の宿根草です。植え替えはありません。それで10aに10tの肥料と言っているわけですね。まず何よりも適地かどうかです。土が粘土ですと全く向きません。深く掘れる土であるということが条件です。その土に肥料分をたっぷり含ませて、毎年収穫できるようにしていくわけですね。
 もみがらぼかしを300㎏作ったら、それを有機肥料(できたら醗酵させているもの)1t~2tに混ぜて再醗酵させます。もみがらの時のように65℃前後で醗酵できたらいいですね。10tはやりすぎでも、1tぐらいは必要ですよ。肥料切れをした時に追肥がむずかしいのです。それでも、これを元肥にして、後はもみがらぼかしを300㎏ぐらい毎年追肥してあげれば上手くいくと思います。

関連記事

  1. アミノ酸関係を使用すると色が出ないと言われた・・・本当ですか?
  2. 根っこが今までにないくらい太くなった!アミノ酸粉体(粒体)と天然ミネラル鉱石のパワー再確認
  3. トマトの一段目が水っぽい!もみがらぼかしと玄米アミノ酸では何か不足しているのでしょうか?
  4. 人参栽培中です。玄米アミノ酸の散布方法を教えて下さい
  5. 売上が毎年減少!化学肥料の農業を見直したい
  6. 糖度アップしたのですが病害虫で困っています。
  7. 日光不足で「梨」に玄米アミノ酸の液体と硫酸マグネシウムを併用したのですが…
  8. ぼかしを投入したら茄子が一本も枯れなかった!今年はぼかしで勝負します。冷めたぼかしならすぐに投入しても大丈夫でしょうか。
  9. ネマトリンエースと玄米アミノ酸ぼかしを一緒に入れセンチュウ対策にしたい!
  10. 昨年の後半、ネギが2LとLばかりになりました。結果が目に見えたと感じた瞬間でした。