人参栽培中です。玄米アミノ酸の散布方法を教えて下さい

玄米アミノ酸農法 〜楽して儲かる農業みーつけた〜 公式サイトNEW > Q&A > 人参栽培中です。玄米アミノ酸の散布方法を教えて下さい

人参栽培中です。玄米アミノ酸の散布方法を教えて下さい

 お世話になります。教えて下さい。人参栽培中ですが、もみがらぼかしも投入しました。高温で9月末になるのに長野でも30度超えていますが生育はまずまず?
 人参は播種から110日で収穫ですが、今後、玄米アミノ酸希釈液を散布する予定です。
現状の畑(いずれも各10a)は
(a)来週に収穫の畑
(b)あと20~30日
(c)あと50~60日
質問です。
(1)3ヵ所の畑での対応はどのようにしたらいいのでしょうか。来週、収穫の畑は不要でしょうか?
(2)1000倍液を希釈でよろしいでしょうか?
(3)10aあたり500ℓくらいでしょうか?
(4)散布の日数はどのくらい空けたらよろしいでしょうか?
(5)雨の日のあとは空けたほうがよろしいでしょうか?
よろしくお願いいたします。


玄米アミノ酸は育苗では種・子葉がでる時に使うともっとも効果的です。

 FAXありがとうございます。作柄はまずまずということで何よりです。色の鮮やかな形のいいものができると思います。旨味がでるでしょうね。アミノ酸の散布の件ですが、もっとも効果的なのは育苗・播種の時期です。子葉が出る、本葉の出始めです。この時にアミノ酸を与えると、後は何もする必要がありません。
 今回やるとしたら光合成が目的です。晴れた日の朝です。霧のかかる程度。できるだけ細霧でやって下さい。ですから10aで300ℓ程度です。④霧状ですから毎日でもいいのですが週に1回くらいでしょう。成長と糖度は良くなると思います。これは収穫後でも効果は出ます。
 ①は必要ないでしょう。②1000倍でいいですよ。③10a300ℓです(希釈水で)⑤雨の後でも葉に露が残っていなければ大丈夫です。もみがらぼかしは天候に左右されず表年裏年がなくなります。入れるほどに弾力推進(堅粒)になり土に力がついてきます。毎年品質が向上するでしょう。すばらしい人参ができるといいですね。

関連記事

  1. アミノ酸関係を使用すると色が出ないと言われた・・・本当ですか?
  2. 根っこが今までにないくらい太くなった!アミノ酸粉体(粒体)と天然ミネラル鉱石のパワー再確認
  3. トマトの一段目が水っぽい!もみがらぼかしと玄米アミノ酸では何か不足しているのでしょうか?
  4. 売上が毎年減少!化学肥料の農業を見直したい
  5. アスパラは堆肥を10aに10tぐらい入れるのですが、もみがらぼかしはどのくらい入れていいでしょうか…
  6. 糖度アップしたのですが病害虫で困っています。
  7. 日光不足で「梨」に玄米アミノ酸の液体と硫酸マグネシウムを併用したのですが…
  8. ぼかしを投入したら茄子が一本も枯れなかった!今年はぼかしで勝負します。冷めたぼかしならすぐに投入しても大丈夫でしょうか。
  9. ネマトリンエースと玄米アミノ酸ぼかしを一緒に入れセンチュウ対策にしたい!
  10. 昨年の後半、ネギが2LとLばかりになりました。結果が目に見えたと感じた瞬間でした。